OBS不要!パワーポイントだけで顔出し動画を撮影する方法! カメオ機能!

今回は、OBSを使わずにパワーポイントだけで、顔出しをしながらスライドを解説している動画を作成する方法を解説します。

これまでは、顔出しをしながらパワーポイントのスライドを解説する動画を撮影する時には、OBSスタジオなどで、自分が映っている動画を重ねる必要がありましたが、2022年にパワーポイントの新機能「カメオ」機能が登場したことによって、パワーポイントの機能だけで、こういった動画が撮影できるようになりました。

まめリスさん
初めての方もわかりやすいように、写真付きで詳しく解説していきます!

 

1、カメオを各スライドに設置する

カメオ機能の使い方や、各スライドでのカメオの設置方法について以下の記事で詳しく解説していますので、ご覧ください。

パワーポイントのカメオ機能の使い方徹底解説!パワーポイントだけで顔出し撮影ができる!
参考パワーポイント 「カメオ」機能の使い方 PowerPointだけで顔出し撮影ができる!

続きを見る

 

2、画面録画機能を起動する

まめリスさん
パワーポイントには、実は画面を録画する機能がついています!
ためカモさん
録画や動画編集ソフトを使わなくても、パソコン上の操作の様子をそのまま録画できてとっても便利だよ!

 

まず、「挿入」タブをクリックし、次に、「メディア」→「画面録画」の順でクリックします。

すると、

このように、パワーポイントの画面が消え、録画のメニューが出現します。

「領域の選択」をクリックし、録画対象の画面の範囲を選択してから「●録画」をクリックします。

「🎤オーディオ」は、自分が解説している声を入れたい時には、オンにしておきます。※デフォルトでは、オンのままになっているので、声を入れたい方はそのままで。

隠れてしまったパワーポイントを、上のような、パソコン画面の一番下にあるタスクバーのパワーポイントのアイコンをクリックし、作成したスライドを立ち上げます。

 

3、スライドショーを開始して、プレゼン発表を録画する

そして、スライドショーを開始します。

※ここまでの操作の様子も動画としてバッチリ記録されていますので、動画データに書き出した後、これまでの部分は編集してカットする必要があります。

 

録画中も、カメオを設置したスライドには、しっかりとカメラに映った自分の姿が出現します!

初めから最後までのスライドの解説をし、発表を録画していきます。

 

4、録画を終了する

最後のスライドまでの発表を終えたら、画面録画を終了します。

パソコンのカーソルを画面上部に持っていくと、上の写真のように、録画メニューが出てきます。

「■」の停止ボタンをクリックします。

すると、

スライドに、このような動画データが現れます。

 

5、録画データを動画データとして保存する

最後に、先程撮影し、スライド上に現れた録画データを、YouTubeなどにも投稿できる動画データとして書き出して保存する方法をお伝えします。

先程出現した動画をクリックした後、右クリックします。すると、このように、メニュー画面が出てきますので、「図として保存」をクリックします。

すると、いつものように、データを保存するあの見覚えのある画面が出てきますので、自分が保存したい場所(フォルダ)を選択して保存します。

 

まめリスさん
これで、画面録画ができました!
画面録画機能を起動してから、パワーポイントでスライドショーを立ち上げるまでの操作の経過も録画されているので、必要に応じてその始めの部分は動画編集ソフトなどでカットしてください。
ためカモさん

 

-パソコン, パワーポイント教材