子ども向け・幼児向け動画配信サービスおすすめ!子どもとのおうち時間にもおすすめ動画配信サービス5選!

使ってみて良かった!というおすすめの子ども向け、幼児向けの動画配信サービスやアプリを5つご紹介します。おうち時間が多くなる今、できれば子どもにとってためになる動画を見せたい保護者も多いはず!子どもにスマホで動画を見せる際の注意点や機能制限など便利なスマホの設定もお伝えします!そのような方のためになれば幸いです。

Chun-Chun
コロナの影響で子どもと家で過ごす時間が増えて、どんな動画を子どもに見せたらいいかわからない

という方も多いと思います。私も子どもの発達や興味関心を踏まえて動画を選んでみせるのは難しい!と感じています。

できれば子どもの発達や年齢、興味関心に合わせた動画を簡単に選んで見せることができる、学びや勉強に繋がる動画を見せたいという方のために、子ども向け動画配信サービス・アプリについてまとめました。

 

子どもにスマホで動画を見せる前に!

子どもにスマホやYouTube、動画配信サービスを見せる前に必ず設定した方が良いスマホの機能制限設定についてまとめましたので、参考までにご参照ください。

ポイント

・動画の見過ぎ

・他のアプリを勝手にしてしまうこと

・広告に飛んでしまうこと

などを防げます!

おすすめ
子どもにスマホを貸す前に絶対にやっておきたいスマホやiPadの設定!動画の見すぎを防ぐアクセスガイドの設定方法を徹底解説!

続きを見る

幼児向け・キッズ向けおすすめ動画配信サービスランキング

meecha!(ミーチャ) 発売元:ベネッセ

Meecha!(ミーチャ!)

Meecha!(ミーチャ!)
開発元:Benesse Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

meecha!は小さなお子さん向けの動画配信サービスで、こどもちゃれんじなどを展開しているベネッセが2021年の3月に配信しました。

なんと、日本だけでなく、海外の子ども向け番組も見ることができ、その動画本数は40本以上!

ためカモさん
発達や幼児教育のスペシャリストであるベネッセが動画を厳選しているという点も、親としては安心できるのではないでしょうか。

ちなみに、このアプリは、こどもちゃれんじの会員は無料ですが、非会員の人は月額660円(税込み)かかります。

Chun-Chun
こどもちゃれんじを受講している人の方がお得感がありますね!我が家も愛用しています。

親がいちいち子どもに絵本や知育玩具を選ばなくても定期的に良質な教材と子どもとの関わり方の本が送られてくるので、父親として重宝しました。個人的にもこどもちゃれんじはおすすめです。今だと無料で教材サンプルももらえるようです。

\無料の資料請求はこちらから/

さらに便利機能として、視聴時間を設定できるタイマー機能もあり、長時間動画を見すぎることを防いでくれるのもうれしいですね。

『meecha!』のメリットやデメリット、実際に使用してみての感想などの詳細を、こちらに掲載しています。

おすすめ
話題の幼児向け動画配信アプリ『meecha!(ミーチャ)』を親目線・教育関係者目線でレビュー

続きを見る

 

ちなみにミーチャ!はスマホやiPadなどのタブレット端末向けのコンテンツです。

とはいえ、スマホの小さい画面を見続けることで、目が悪くなることに繋がります。

Chun-Chun
実は、こちらも、以下の方法を使えば、スマホの画面をテレビに映し出して、子どもに見せることができます。
おすすめ
動画配信アプリ『meecha!(ミーチャ!)』をテレビに映し出して見る方法

続きを見る

NHKキッズ

NHK キッズ

NHK キッズ
開発元:NHK (Japan Broadcasting Corporation)
無料
posted withアプリーチ

 

NHKが放送している子ども番組をアプリで見ることができます。『おかあさんといっしょ』や『ピタゴラスイッチ』など子どもに人気の番組を多数視聴可能です。

お母さんと一緒の再放送を見られるかと思ったら、一部の歌の映像のみで、再放送を見るにはNHKオンデマンドなどを契約する必要があることがわかり注意が必要です。

便利な4つの機能

  • 視聴時間の設定
  • アプリ起動時にスマホと目との距離を認識して、適切な距離を教えてくれる。
  • 子どもがどの番組を視聴したのか、レポートを見ることが可能。
  • 動画の終わりにはこうやって子どもに声掛けをすると良いという声掛け例を示してくれる。

U-Next(ユーネクスト)

詳細はこちら↓

おすすめポイント

  • 映画、ドラマ、アニメなど200,000本も配信されている。
  • ※見放題作品180,000本、レンタル作品20,000本(2020年5月時点)。
  • 月2,189円かかるが、そのうちポイントとして毎月1,200円分のポイントが貰える ので、最新作の視聴や書籍の購入に利用可能。
  • 小さな幼児から小中高、大学、親、祖父母まで幅広い年齢に対応している。
  • ペアレントコントロール機能がある。

大人向けだけではなく、子ども向けの『絵本の読み聞かせシリーズ』や『英語や算数などの教育動画』などもあり、我が家では親だけでなく子どもも喜んで視聴しています。

アニメや『おかあさんといっしょ』の過去のコンサートも見ることができます(2021年4月現在)。

我が家では『ハローキティ』の英語や算数などの動画シリーズをよく視聴しています。

漫画などのデジタル書籍も充実しているので、重宝しています。

Hulu キッズ

 

おすすめポイント

  • キッズ専用の動画チャンネルページがあり、キッズ動画も充実!
  • キッズ専用アカウントもあり、機能制限を親がかけられる。
  • 幼児向け教育チャンネル『BabyTV』もある。

月額:1,026円(税込み)

 

キッズ専用のチャンネルページがあり、コンテンツの多さが魅力的です。

 

Amazonプライムビデオ

何より、月額500円+税という安さが良いところですね。プライム会員なので、もちろんアマゾンで買ったものの送料は無料になったりなど、お得感もあります。

我が家も愛用していて、テレビにFire Stick TVを繋いで視聴しています。ちなみにこのFire Stick TVがあれば、これ経由で先程ご紹介したU-NextやHuluもテレビで見ることができるのでとても便利です。

 

アニメなどの動画コンテンツも充実しています。

 

Chun-Chun
いかがでしたでしょうか。親目線と実際に我が家で使用してみての感想も踏まえて、お勧め度が高い順に紹介しました。おうち時間の充実にお役立てできれば幸いです。

イラスト提供:Atelier Funipo

-こどもちゃれんじ, スマホ, 子育て, 教材レビュー
-,